何度か書いてきたことでもあり、とても大切なことなのに、私自身、最近忘れてしまっていました。

体が発するサイン。

そのひとつが、ゲップです。

慢性的なゲップは、消化不良のサインだし、

食事中にゲップが出たら、それは、「もうこの食事ではこれが消化できる限界」だと教えてくれるサイン。

消化の大切さは、身をもって体験したはずなのに、すっかり忘れてしまっていました。

ゆっくりと朝食にお粥をいただいていてゲップが出たとき、

「あ、最近ゲップに気付く余裕なかったかも」

と、いうことに気が付きました。

慌ただしい日常のなか、やっぱり意識しないと食事をゆっくりいただくことを忘れてしまいます。

体が発するサインを見逃さないことももちろんですが、食事をちゃんと、丁寧に味わうことにもつながると思います。

なかなか難しいけれど、テレビを見ながら、新聞を読みながら、おしゃべりしながら、そして、とりあえず急いで、という食事の時間を、静寂のなかで食事だけを楽しむ時間を試してみてください。

忘れてしまいがちなことを思い出させてくれるはず。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Share Your Thought