何かに挑戦するとき、実力より何より、まず「できるとイメージすること」が、一番最初にするべきことだと思います。

 

ヨガで言うと、たとえば、このポーズ。

headstand

プクティスを深めて、必要な場所の筋肉を使えることはもちろ大切ですが、まず「こんなのできない」と思っていては、絶対できません。

私も全くできる気がしなかったし、別にできなくていいよ、くらいに思っていて、でも、本当はできるようになりたかったはず。

でも「できる」と思っていたのにできないと恥ずかしいし、できるか不安だし。。。みたいな感じで、

そういう恐れが「できるイメージ」から私を遠ざけていて、最初は挑戦さえしませんでした。

あるとき、ヨガ仲間であり先輩である方から、「え、骨盤底使えてるから絶対できる、やってみなよ」っていとも簡単に言われ、

あまりにも簡単そうにおっしゃるので、なんだかできる気がして、

やってみました。

「できる」と思いこませて。

できたんですよね、やっぱり。

 

そのときは、その方の一言が、私の恐れを手放させてくれるきっかけになり、「できる」と思い込ませることで、恐れを忘れることができたのですが、

最近よくこう感じます。

 

誰かが背中を押してくれることで不安や恐れが少し軽くなることはあるけれど、

これからは、ちゃんと自分が自分を信じる力で、

恐れを手放して「できるイメージ」から何事も始めていきたい、と。

 

できない、うまくいかないことを心配しても何も変わらないけれど、

できると信じることで行動を起こす、

その行動で確実に「何か」は動き出します。

 

自分のことを信じてあげられるのは自分だけ。

周りの人たちももちろん信じてくれているかもしれないけれど、それは自分にはコントロールできないこと。

誰かが言ったから、誰かが勧めてくれたから、よりも、

自分が「やってみたい」と思ったから、「できる」と信じて起こす行動の方が、主体的でポジティブなエネルギーに満ちてると思います。

 

途中でくじけそうになっても、そんな時こそ、焦らず自分を信じてあげることも忘れずに☆

 

Share Your Thought