欲しいものでもないのに、セールで安くなっているからという理由で洋服や靴を買ったり、

美肌になるために生活習慣を改善しようと情報収集していたのに、気が付いたら「飲むだけで即効美肌!」みたいな広告に負けていつの間にかそれを買うことで美肌になれる気がしたり、

じっくりと腰を据えて取得しようと思っていたはずの資格を、当初の目標とは違うもっと手軽な民間資格でいっか、と本来の趣旨を忘れて安易な道に流れてしまったり。

 

長期スパンでものごとを考えられないとき、私たちは”cheap”な道を選択しがちです。

なぜならそのほうが目先の利益があるように思えるから。

「安い」「お得」「楽」「速い」

それって本当にお得なのかしら。

と一度立ち止まってみてほしい。

 

現代社会に生きる私たちは、とにかくスピードと損得が行動の動機になってしまいがち。

楽して、速く、安く手に入るものなんて、本当にあるのでしょうか。

そんな美味しい話があったら誰だって飛びつくし、私だって誰より真っ先に飛びつきます。笑

 

でも、何よりの即効薬は、「継続すること」ということをヨガから学びました。

そして何かを選ぶとき、”cheap”でないかどうかをしっかり考える癖をつけるようにしています。

一瞬の満足と、5年先、10年先、20年先の幸せをしっかり考えられるように練習している途中です。

 

そのときに安いと思ったものが、何年後かには逆に損した気持ちになるようなものにお金を払いたくないし、自分の時間や地球の資源を無駄にしたくもない。

長い目で見たときに、「あのときは高価だと思っていたけれど、今思えば、とっても”reasonable”だったわ」って思えるとすれば、それが一番いいお買い物。

 

だから、ダイエットも、体質改善も、語学の勉強や転職も、日々のお買い物も、お得を探すのであれば”cheap”でなく”reasonable”を見極めたい。

少しお高いけど自分の足にフィットする靴なら何度も修理に出して使い続けられるように、

自分に合った方法を継続することで、回り道したように見えて実は一番早く美しいボディラインを手に入れられたり、

食べるものが自分を作る、という考えを受け入れ実践することでどんな薬でも治らなかったアレルギーが改善されたり。

 

何より、”cheap”なものは”cheap”な自分を作ってしまう。

知識だって広ければいいってものじゃない。

深い知識に触れたときのはっとした発見は、ものごとを継続したときのそれととても似ていると思います。

mat_and_flower_hp

 

 

先日、わくわく企画のブレストをしていて、そんなことを再確認したのでした。

本当に価値あるものを見つけるお手伝いができるとよいな。なんて思っております。

Share Your Thought