落ち葉がカラフルに街を彩る季節になりました。早いなぁ。1年あっという間ですね。

12074705_995817953812405_6990977538878871671_n

朝ヨガレッスンを担当しているヨガスタジオの落ち葉を掃きながら、ふと思い出した言葉。

「変わらないということは、毎日毎日変わらないように保っているということ。変わらないということは、変化していないということじゃない。変わらないようにみせることは本当は一番コツコツ努力が必要なことなのよ。」

京都の美しい庭園をもつお寺のご住職の奥さまがお話してくださった言葉です。

「このお庭を、いつ誰が見ても美しいと思っていただけるのは、毎日毎日丁寧にお手入れをしているから。変わらない美しさというのはそういうことなの。」と。

なんて美しい言葉でしょう。

掃いても掃いても落ちてくる落ち葉を、それでも何時間かごとに掃くという作業はそれと同じで、掃いたすぐそばから風が吹いて集めた葉っぱがまた飛ばされたり、落ち葉が容赦なく落ちてきたり、

あ~せっかく掃いたのに。。と思ってしまいがちな作業にこそ意味があるよな~、なんて、この言葉がふと舞い降りてきたのでした。

 

それって人間も同じですよね。

たとえば、自分を丁寧にお手入れしてあげる人は、しなやかな心と体が変わらず保てているような気がします。

もちろん年齢に抗うことはできないけれど、そんな風に丁寧に年を重ねていらっしゃる方には、若さだけでは到底感じられない魅力があります。

それこそ、「毎日のコツコツの積み重ねが生む美しさ」

ヨガに通ってくださっている人生の先輩たちは、丁寧に暮らしている方が多いから、だからこそ素直にインストラクションを受け入れ、その素直さが体にも影響して、いい効果がより体に届いている印象があります。

同年代の生徒さんたちも、やっぱり素直に信じてコンスタントに通ってくれているから、変わらない美しさをキープできているんだと思います。

 

逆に、変化したいという願望ばかりが先走る場合、それは続かない傾向にある気がします。

変化することは難しい。変化するためには、変化のための行動を習慣化しなければ達成されません。

つまり、変化すること=習慣化すること、なのです。

つまりそれは、「変わらないこと」なのではないかな、と最近気が付きました。

一見矛盾しているようですが、よく考えてみると、

今までは習慣でなかったことが習慣になったら、それは変化したということ。その変化はもう変わりません。

習慣は、一度定着すると変わらない。毎日歯を磨くのと同じだから。

 

京都のお寺で聞いたお話は、本質をとらえた素晴らしく美しいお言葉だったな、と改めて感じる、秋のひとときでした。

 

私はというと、消化力をアップするための習慣化を継続中です。

先日ご紹介した「目覚めすっきり」以外にもいろんないい変化があらわれはじめたように感じているので、また追ってレポートしたいと思っています。

お楽しみに♪

Share Your Thought